「ぺちゃくちゃないとNAGANO」とは?
・長野県のクリエイター(創作活動に取り組む人)とその世界を盛り上げよう!
 という趣旨で行なう「クリエイターのプレゼン(発表)大会」です。
・十数名の様々な分野のクリエイターが、プロジェクターで大きく映し出した写真を使って、
 次々にプレゼンテーション(発表)を繰り広げます。
・来場者の方々には、ドリンクを片手にリラックスしてそれを見ながら、
 ぺちゃくちゃおしゃべりして楽しんでいただきます。
・最も重要なポイントは「20x20」。プレゼンは1人あたり必ず20枚の写真で行います。
 そして写真は1枚あたり20秒で自動的に次の写真に切り替わります。
 つまり一人あたりの持ち時間は、20x20=400秒だけ。
 だから間延びする事もなく、観ていて飽きません!
・営利目的のイベントではありません。売り上げは全て次回以降の運営費用にします。
 スタッフも一切報酬を得ないばかりか自腹でチケットを買って入場します(笑)


誰のためのイベント?
・クリエイティブな気持ちを持っている方なら、誰でも参加できます!
・年齢、性別、プロ/アマ/学生、ジャンル、レベル、一切問いません。
・建築家や画家、写真家やクラフト作家、デザイナー・・・もちろんOK!
 でもそれだけじゃない!野菜や果物を作っている農家の方、毎朝お弁当を作っている奥さん、
 なんとなく写真を撮るのが好きな方・・・誰でもちょっとは何らかのクリエイティブな事をしているはずです。
 つまり、誰でもOK!


プレゼン(発表)の内容は?
・まず「楽しい内容であること」が絶対条件!
・楽しくて創造的で前向きな内容であれば、基本的になんでもアリ!
・自分の作品・仕事・活動・趣味・興味あること・・・自分のスタイルで紹介してください!


ぺちゃくちゃないとの良いところ
・プレゼンター(発表者)も、プレゼンを終えればみんなと同じお客さん。
 気軽に話しかけて、友達になりましょう。講演会じゃないんですからね〜。
・ここがきっかけで、友達になった人がたくさんいます。友達を増やせば自分の世界が広がります。
 仕事を依頼されたり、パートナーを得た人もいます。恋人を得た人もいるらしい!?
・プレゼンターは、ぺちゃくちゃ長野のWebサイトのみならず、
 ぺちゃくちゃないとのグローバルサイトでも紹介されます。
 出場後に海外からメールが来た人も!ぺちゃくちゃないとは世界への扉でもあるのです!
 (ぺちゃくちゃないとグローバルWebサイト・・・http://pecha-kucha.org/


主催の「長野クリエイターズネットワーク」って?
・長野のクリエイターとそれを取り巻く社会・環境・業界等を盛り上げる事を目的として、
 mixi上で結成された自由なネットワークです。
・現在メンバー数は120名。入会金、年会費等は一切無し、「参加するっぴー!」と叫ぶだけで入会できます。
・ただのネットワークです。メンバー各自でこのネットワークを活用して自由に活動してもらっています。


「ぺちゃくちゃないと」のルーツは?
・東京の建築事務所「クライン・ダイサム・アーキテクツ*」が2003年に東京で始めたイベントです。
・「20x20」のフォーマットも、彼らが考案したものです。
・若手クリエイター達に発表の機会を与えるのが目的です。営利目的ではありません。
・現在も毎月一回、六本木で開催されています。毎回300人以上の方々が来場します。
・その主旨に賛同した多くの人により、世界約727ヶ所(2013年1月現在)で「ぺちゃくちゃないと」は開催されています。
・2007年11月1日には代々木でスペシャル版が開催され、2000名を集めました。
・日本国内で東京以外での開催は、長野県が初めてで、他には浜松市や名古屋市等でも開催されています。
・長野クリエイターズネットワークは、クライン・ダイサム・アーキテクツに許可を得て
 ぺちゃくちゃないとを長野で開催しています。

 *クライン・ダイサム・アーキテクツ http://klein-dytham.com/
 アストリッド・クラインとマーク・ダイサムが主宰する建築事務所。
 斬新で楽しい、数々の建築を生み出しています。
 リゾナーレ小淵沢のガーデンチャペル「ZONA」と「もくもく湯」は、知ってる人も多いかも?


戻る